酸素カプセルについて
トップページ > 酸素カプセルについて

酸素カプセルについて

2014年10月25日(土)11:47 午前

こんにちは♪
天気が秋らしくなり空気がおいしい季節になりました☆
今回の更新は【酸素カプセルについて】の構造や期待できる効果・効能についてお話をしたいと思います。

当店の酸素カプセルはAPF3という高気圧トレーニング酸素カプセルで、日本の酸素カプセルメーカーで一番歴史が長い株式会社エアープレスのカプセルを使用しています。
カプセルの構造は、カプセル本体とBOX型コンプレッサーがあり、通常の空気(酸素)をコンプレッサーに取り込みコンプレッサー内で圧縮します。その圧縮した酸素をカプセル内へ送り込むという構造になっています。
開口部(窓部分)は他メーカーの酸素カプセルより広い造りになっているので怪我をされている方、狭い場所が苦手な方でも安心して入ることが出来ます。

現在、大気中には約21%の酸素があります。
酸素カプセルの気圧は最大1.35気圧まであがり、25%~28%の高濃度酸素を作り出します。
カプセルのスイッチが入ったら約5分間かけて気圧が徐々に上がっていくのですが、その間に必要になるのが耳抜きです。
カプセルに入っている間、ずっと耳抜きはしなくて大丈夫ですのでご安心ください!

★耳抜きの方法&コツ★
・鼻をつまみ、口を閉じた状態で鼻から空気を出すようにすると耳の奥から音がする
・唾を飲み込む
・あくびをする
・顎を大きく動かす
などの方法があります。
耳抜きが不安な方は来店時に耳抜きの練習を致しますので、お申し付けください。
ご利用時にどうしても耳抜きが出来なくて痛みが生じた場合はカプセル内に呼び出しブザーがありますので、スタッフと繋がり中と外で連絡が取り合えます。
※耳の痛みが生じましたら我慢せず、すぐに呼び出しブザーを押してください。
水深3.5mと同じ圧がかかります。。
とは言っても、1.35気圧は身体にやさしい気圧なので酸素中毒、活性酸素の心配はありません♪

効果・効能
酸素カプセルから生み出される溶解型酸素によって下記のような効果が期待できます。
※溶解型酸素(メカニズムなど)については次週お話し致します!
疲労回復/冷え性/眼精疲労/成長ホルモンの分泌/ケガの早期期待/睡眠不足/生活習慣病予防/脳の活性化/美肌効果/アンチエイジング/代謝UP/体温向上/髪ツヤ/二日酔いetc…

このように様々な効果効能が期待できます。
お仕事で疲れている方、スポーツをされている方、二日酔いでお悩みの方など、幼いお子さんから年配の方まで幅広くご利用ができます(^^)/
お気軽にお越しくださいませ☆

次回は【抗酸化について】更新します(^-^)



«   |   »

 

 

お問い合わせ