なぜ陶板浴が身体にいいのか
トップページ > なぜ陶板浴が身体にいいのか

なぜ陶板浴が身体にいいのか

2015年01月13日(火)10:53 午前

ちょっと遅いですがwあけましておめでとうございます(*^▽^*)

今年最初の記事は、【なぜ陶板浴が身体に良いのか】について語らせていただきます!

 

 

 

陶板浴最大の特徴

陶板浴は、浴着に着替え床に寝て身体を温めて寝る。岩盤浴もこれと同じシステムです。

しかし空間は全く違うものになっています。施設内含め浴室の空間はすべてエコパラダイス(抗酸化)で造られています。このエコパラダイスから電子が放出され続けることにより副交感神経が休まり正常に整います。身体を温め副交感神経がよくなることで、内臓機能や免疫機能が向上します。

病気のほとんどの原因と言われている活性酸素をも除去してくれるので病気を予防し健康も取り戻せます。

抗酸化で造られた空間は善玉菌を活性化させ空気も水も良質にしてしまいます。

抗酸化には、有害物質を無害化してくれる力もあるのでシックハウス症候群や化学物質過敏症の方にもとても優しいのです。

 

 

体の芯まで温められる

岩盤浴は湿度も高いため休憩を何度か挟むので体温の変化が激しいのですが陶板浴は湿度が低いので休憩を挟まず、ずっと入っていられることができます。

一定の温度で温め続けられることにより細胞から骨までしっかり温まります。

背骨をしっかりつけて温めることで赤血球の弾力性が高まります。そうすると、血流がよくなり毛細血管が捻じれたり曲がったりして正常化し、新しい毛細血管も生成されます。血管の内側にこびりついた悪玉コレステロールも剥離してくれて、コレステロール値が下がったという方も多々いらっしゃいます。

 

 

老廃物を促す

発汗作用もあり体内に蓄積された老廃物や化学物質を出してくれます。体外から入ってきた有害物質は汗にもたくさん含まれているそうです。このことから日頃汗を出すことはとても重要だということが分かります。

毒素排出の主なルートの腸と尿道にもとてもいいです。腸が温まり便通がよくなりますので、便秘でお悩みの方にも喜ばれています。

日頃受けている太陽からの紫外線、工場などから放出される汚染ガスなど生活している上で避けられないものはとても多いです。それが蓄積されてしまうと体内のどこかしらに悪影響を及ぼすので、体内から悪い物質を出すのはとても大事なことです。

 

 

 

 

抗酸化という空間が不思議と過ごしているうちに身体に喜ばしい効果をもたらせてくれます☆

陶板浴は、細菌がないとてもクリーンな室内で身体を温めることができるのでマイナスなことは1つもありませんのでご安心ください♪



«   |   »

 

 

お問い合わせ