陶板浴体験談~リウマチ~
トップページ > 陶板浴体験談~リウマチ~

陶板浴体験談~リウマチ~

2015年06月13日(土)8:02 午後

こんにちは~

梅雨が続いていますね(´Д`)

今回は、全国の陶板浴での体験談についての記事です!

 

陶板浴の体験談~リウマチ

 

印西市 MFさん(女性)

ある日の朝、右手の動きの鈍さに気付きました。病院で診てもらい検査の結果、リウマチと判断。薬を飲み始め、それから腕の痛さと指の変形に苦しみながら通院して3~4年が経過…

仕事は老人ホームのヘルパーをしていて、病院の先生は「すぐにでもその仕事は辞めた方がいい!」と言われたが、すぐに仕事を辞めることも出来ず10年の月日が過ぎてしまいました。

その間に自宅の義母が倒れて、その介護も重なり、日中は老人ホーム、夜間は義母の介護で、見かねた義妹が毎日通って介護してくれました。

義妹の都合の悪い日は朝のオムツの交換程度をしてきました。食事は義父が担当してくれ、時間をかけてゆっくり介護していました。そんなある日、義母の容態がもっと悪くなり入院させ、3か月後に死を迎えたのですが、その病院で妹と食事介助に行った時のこと、義母の最後の言葉が「母ちゃん!ありがとな!」でした。そのような言葉が義母から聞かされるとは思ってもいなかったので思わず耳を疑ってしまいました。それから4日目に帰らぬ人となった義母。義母はリウマチと言う病気を理解していたのかも?・・・

 

あっという間に一年が経ち、新盆を迎えるにあたり大工さんが入り、大工さんも私の姿を見て可哀想に思ったのか、「大変そうだね!痛いのかい?もしよかったら騙されたと思って陶板浴に通ってみるかい?長い目で通ってみな」と、紹介されたのが成田の環境回復サロン「叶」でした。2008年4月、藁をも掴む気持ちで尋ねてみた。環境回復サロン叶の社長は腕を見るなり、「10回程度連続で入浴してみてください。その上で判断しましょう。」

そう言われ6回ほど入った時、パンパンに腫れていた腕に皺(しわ)が出て柔らかくなっていました。それを見て「これなら続けていれば治りますよ!」そう言ってくれました。それからの毎日、ものに憑かれたように3か月通い腕は日増しに楽になり、腕をねじることができなかったのに簡単に回るようになり、やっとトンネルの先に光が見えたような気がしました。通い始めて10日程経った頃に肩こりが消え、坐骨神経痛も消えていくのがはっきりと確認できたので真剣に通ってみようという気持ちになりました。

叶の社長より、「いつでも待ってる、行き帰りの運転に気を付けて!」と言ってくれ、主人も「今は自分のことだけ考えろ!」と言ってくれた。自分の為にも何とかここで頑張らなくてはと思い、半年間友人との約束も一切せずに通いつめました。薬の服用もお医者さんの指示とは違い自分なりに変更していき、2008年の10月に病院に行き採決して頂く。先生も数値を見て、数値が低くなっていることに、どうしたんだろう(・・?と頭を捻っている。「とりあえず今度は12月に検査に来てください」と話し病院を後にした。

ここまで来る間に何度死のうと思ったことか・・・

ある日主人に話したところ、富士の樹海を教えてくれた。最後の晩は娘と自宅で過ごそうと、自分で選んで行けと、そして現地に着いたら迷うことなく薬を飲むんだよ。迷った時の苦しみは死ぬ時よりも辛いからと、話を数多く聞かされているからな!と教えられました。

こんな話も実行することもなく、今思えば冗談で終わったので、今の自分がある。

 

 

 

以上リウマチと闘う女性の体験談でした。

諦めず信じ続けたからこそ、光が見えてきたのですね!

応援しています!

 

 

来週も陶板浴での体験談を載せたいと思います☆



«   |   »

 

 

お問い合わせ